プロフィール

中石 輝(ナカイシ アキラ)


1974年12月24日 広島県呉市に生まれる

5人家族、兄、妹に挟まれた次男坊として幼少期、学生生活を実家の広島県呉市で過ごす。
大学進学と同時に部活動でボクシングを始め、その魅力にのめり込む。
大学時代に宅地建物取引士の資格を取得し、就職先として不動産業界を検討するようになる。

1997年4月 株式会社大京へ入社

実家の広島を離れ、就職のため横浜へ転居。
1997年4月1日より株式会社大京へ新卒入社、研修を終えて横浜支店に配属される。
「ライオンズマンション」シリーズの新築分譲営業を担当し、お客様の新規マンション購入等の営業業務を行う。
500戸超のマンションご契約、お引き渡しを経験し、ここで身に付けた不動産営業マンとしての商談スキル、思考力等が後の社会人人生において大きな礎となっている。
また、社会人になってもボクシングを継続し、2000年にはプロテスト合格、2002年に株式会社大京を退職する理由は ”プロボクサーとしてデビューするため” だった。

2002年8月 プロボクサーデビュー

株式会社大京を2002年5月に退職し、プロボクサーとしてデビュー兼引退試合に挑む。
所属ジムだった大橋ボクシングジムの大橋秀行会長にご尽力いただき、世界タイトルマッチ(会場は「さいたまスーパーアリーナ」)の前座第一試合に出場。
結果は残念ながら負傷判定ドローとなるが、人生の中で ”この時にしか出来ない貴重な経験” を得ることが出来た。

2002年9月 東急リバブル株式会社へ入社

プロボクサーデビュー戦から5日後の2002年9月1日、東急リバブル株式会社へ入社する。
株式会社大京時代は新築マンションの販売に特化していたため、仕入れ業務・決済等のエスクロー業務に関する知識、ノウハウが蓄積出来ていないと感じるようになる。
それを身につけるための最良の手段が売買仲介会社への転職であった。
東急リバブル株式会社では「たまプラーザセンター」へ配属となり、主に田園都市線沿線の土地、一戸建て、マンションの売買仲介業務を行う。

2003年7月 すみしん不動産株式会社(現:三井住友トラスト不動産)へ入社

不動産仲介業務の幅をより広めるために信託銀行系の売買仲介業者へ転職、一般の不動産売買仲介以外に相続案件の不動産売却相談、企業保有地の売却業務、信託受益権売買業務等、幅広い業務を行う。
お客様、上司・同僚にも恵まれ、入社2年目の2005年4月~9月の上半期で同社営業マンのなかで全国1位の成績を収める。
また、入社2年目からはチームリーダーとして後輩社員2名の指導も行い、2年間チーム売上目標達成を継続する。

2006年6月 株式会社リード設立 代表取締役就任

不動産の世界に入ってきた当初から ”いつかは独立を” と考えていたこと、約9年間大きな組織の中で経験を積み不動産営業マンとして独り立ちしても十分やっていける自信が付いたこと、資本金1,000万円を用意することができたこと等、様々な要因が重なり、31歳のときに独立開業を決意、一般個人のお客様の居住用不動産の売買仲介をメイン事業とする株式会社リードを設立、2006年8月に宅地建物取引業者免許も取得し横浜駅前に事務所を構え営業活動を開始する。
自社インターネットサイトを集客源とし営業を行うが、開業当初は集客に苦戦、3年目くらいからお問い合わせ数も増加し、売り上げも安定してくる。
5年目以降はインターネットサイトからのお問い合わせ以外でも既存のお客様のリピート、ご紹介のお客様の割合が増え効率的な営業活動を行うことができるようになる。
 また独立開業と同時にボクシングプロデビューでお世話になった大橋秀行会長への恩返しのため、2006年11月より大橋ボクシングジムのトレーナーに就任、不動産と二足のワラジを履くこととなる。

2016年8月 株式会社リードを解散

独立開業から10年が経過しようとする2016年の春あたりから会社の清算を考えるようになる。
自社インターネットサイトの閲覧数の減少、同様のサービスを手掛ける競合他社の増加、大手仲介業者の寡占化の傾向拡大、業務を行ううえでの状況が大きく変化していくなかで、今後も自営業者として業務を継続していくことに限界を感じる。
宅地建物取引業免許の免許番号が(3)になった2016年8月15日の翌日、神奈川県庁に宅地建物取引業の廃業届を提出、株式会社リードの解散・清算手続きを税理士の協力を得て進める。
 また、10年間続けたボクシングジムトレーナーの仕事も2017年3月末で一旦休業、不動産の仕事一本に集中する決意を固める。

2017年4月 シー・エフ・ネッツ株式会社へ入社

自営業時代に目指していたスタイルは “お客様にとって「掛かり付けの不動産屋」になること”、そのためには単発的に不動産の購入・売却の仲介を行うのではなく、お客様の長い人生の中で資産形成に貢献する不動産コンサルティング業務の提供が必要不可欠であると考え、シー・エフ・ネッツへ入社。
これまでの居住用不動産売買の他、投資不動産コンサルティング、賃貸管理(プロパティマネジメント)、新築一棟アパートの用地仕入れ・プランニング…等、様々な不動産業務を経験する。

2020年4月 株式会社ランディックスへ入社

シー・エフ・ネッツで丸3年、不動産投資コンサルティング業務を経験致しましたが、“お客様の住宅をメインで取り扱う営業がやりたい” という気持ちも大きくなり、そのタイミングで株式会社ランディックスから住宅営業のマネージャーとしての加入オファーを受け、ご縁と熱意を感じ、転職を即決。
2020年4月より、自由が丘センターにて、主に城南エリアにて、新居のご購入、お住み替えの際のご自宅売却等の業務を行う。

2021年4月 フリーランスの不動産コンサルタントとして活動開始

『不動産』を通じた細々とした問題、悩み事の解決のお手伝いをする “掛かり付け不動産コンサルタント” となるため、フリーランスでの活動を開始。

2022年1月 株式会社Liv-upへ入社

“土地の上に建物を建築し、付加価値を生み出す『作品』を造る仕事に携わりたい” という思いが、これまでも強くあったが、フリーランスで仕事を行っている状態では建築にまで業務範囲が及ぶことは難しい状況でした。
エージェント経由で、都心の一等地で建売住宅・収益アパートの建築・分譲をメイン事業とし、自社で二級建築事務所免許も持つ株式会社Liv-upから営業マネージャーとして加入オファーを受け、ご縁とタイミングを感じ即入社を決意する。
2022年3月1日、入社2ヶ月で第二営業部のマネージャーに就任。
相続が原因で発生する不動産売却に関するコンサルタント業務、自社分譲物件の用地仕入れ、その他一般仲介業務等、幅広い業務を行って参ります。

保有資格

宅地建物取引士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
公認不動産コンサルティングマスター
賃貸不動産経営管理士
NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員
損害保険募集人資格
二級建築士学科試験合格(設計製図試験は令和6年まで受験可能)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする