フリーランサーのトレードオフ


いまどきのフリーランサー感が出てきた?我が事務所(兼自宅)

不動産ランキング
4月から不動産コンサルタントの仕事をフリーランスでするようになって早2ヶ月…

ちょっと立ち止まって「良かったこと」、「悪かったこと」をまとめてみると・・・

良かったこと(≒手に入れたもの)
  • 睡眠、読書、自炊、トレーニング…等、自分時間が圧倒的に増えた
  • “誰と付き合うか” を自分で選べる
  • 通勤・座禅大会※をしなくていい
  • ※「座禅大会」…上司が帰らないと部下も帰りづらく、パソコンの前でじっとして雑務をこなすさま。バブル期イケイケ営業文化のレガシー

    いまのところ(といってもまだ2ヶ月…)、収入も勤め人時代と大きく変わらず、
    これだけ見れば “いいこと尽くめ” の自慢大会と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが…

    そこは何事もトレードオフ、悪いことも当然あります。

    悪かったこと(≒失ったもの)
  • 社会的信用はゼロ
  • 基本給がない
  • 不動産売買、特に住宅ローン関係の業務を長くやっていると、
    人間を 「勤務先と勤続年数」で値踏みするクセが付きます。
    今の私は、住宅ローンを扱うときの私から見ると「クズ」です(涙)
    当然、“もうローンを組むことはない” と割り切っています。

    「基本給がない」という状態も、
    ・まだその業界で働き始めたばかり
    ・養うべき家族や住宅ローンがある
    上記のような状況の人だと、なかなか選択できないでしょう。

    私は不動産業界の最前線で23年仕事をしてきた叩き上げの不動産実務屋、
    9年間、組織の中でスキルを身に着け、
    10年間、自営業として切った張ったの経験をし、
    4年間、組織に戻って足りなかったものを身に着け…

    トレードオフ(両面の環境)の、どちらに対しての耐性が強いのか
    そこを理解したうえで、流れ着いて今に至る・・・
    養う家族もおりませんし

    いま、今後…私がいきていけるのは
    “私のスキルを認め、仕事を振ってくれる人がいるから”

    有り難いことです。

    ブログランキングUPが励みになります。愛のポチリをお願いします。

    不動産ランキング

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする